キャッシングとカードローンの違いについて

 
消費者金融を利用する際に気をつけないといけないのがキャッシングとカードローンの利用方法ですがその違いについて紹介します
キャッシングとカードローンの違いは返済方法にあるんです。

キャッシングとは?

キャッシングとは一括で返済する借入の方法の事を言います。30日以内に、借りた額を一回分の利息を上乗せして返済します。ですので、必然的に少額の融資になります。次の給料日に一括返済するのが主な利用法ですが、借りる額も生活費の補充といったところでしょうか。

 

最近では消費者金融のイメージも変わってきました。若い人たちの利用方法も昔とは違ってきているようです。少額の借入れを給料日には返すというシンプルな方法ですが、利息も余りかからないですし、返してはまたちょっと足りなくなった月には利用するというやり方。身内や友人にちょっと足りない分を借金すると、お金に困っている印象を与えてしまいますが、消費者金融をちょっとだけ利用すれば、誰にも知られることなく生活費の補充ができます。

 

お金を借りることとしては一般にこちらの言い方がメインですが、最近はカードローンと表記するところが増えてきました。厳密に言うとキャッシングとは言えないようです。とはいえ、キャッシングという言い回しは長年のイメージが付き過ぎていますので、そう簡単には変わらないかもしれません。

カードローンとは?

カードローンとは分割で返済する借入の方法の事を言います。借りたお金を何回かに分けて返済していくので、まとまった大きな額を借り入れすることが可能です。銀行の住宅ローンや自動車ローンなども同じです。ですが、消費者金融の場合は銀行とは違い、利用目的を申請しなくてもフリーローンとして借りることも可能です。

 

カードローンは契約の段階で融資額の上限は決まっていますので、その範囲内でいくら借りても、何回払いでも、何年で完済するというのも自由に選べます。ただ、無理のない返済方法を選ぶのが前提です。早く返したいからといって月々の返済額を高めに設定するのは危険です。出費が重なってカードローンの返済が出来ないということになると大変です。また、月々の支払いを楽にするために少額の返済に設定してしまうと、利息が膨らんでいつまで経っても完済が出来ないと言う事になってしまいます。

 

消費者金融の公式ホームページは返済シミュレーションができるようになっています。50万円を借りて50回(4年2ヶ月)で返そうと思っても、毎月1万円ずつではなく、14,233円の支払いが続きます。では、同じ額を毎月1万円ずつしか払えないとなると、完済するのに6年以上はかかってしまいます。

借り入れをする際は収入の状況をみて、自分にあった利用方法を選択するのが良いでしょう。